FC2ブログ

小説 「秘密」 東野圭吾

最近、通勤電車の中で本を読んでいます

読書は好きで、最近ではなくずっと前から読んでいるのですが、その中で個人的に面白かった本を紹介していこうかなーと思います。基本的にこのブログは仕事関係の内容なんですが、まぁ息抜きにこんなん読んでますーというくらいです(笑)
(結構な数を読んでいるので、こっちの方がUPしやすかったりして・・・(笑))
トップバッターの1冊目は、ベタな作家さん(と言えば失礼ですが)ですが、最近では一番おもしろかった本です。

★【秘密】 東野圭吾

秘密 (文春文庫)秘密 (文春文庫)
(2001/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る



東野圭吾さんの作品の中でもかなり有名な本ですので、読まれた方も多いと思います。
初版は1998年。作者はこの本をきっかけに一気にブレイクし、映画・ドラマ化されたほか、第52回日本推理作家協会賞(長編部門)を受賞していますが、本の内容は「推理作家協会賞」という言葉からイメージできるような、誰かが殺されて、その後犯人当てが行われるありがちな推理小説ではありません。よって犯人も凶器もアリバイも無く、ややこしい人間関係を覚える必要もありません。しかし、主人公が閃く推理から、ラストシーンにつながる様々な「秘密」は、読み手の心を大きく揺さぶると同時に、既存小説と同様にいくつもの文脈に巧妙に仕込まれたメッセージを辿る推理小説でもあります。

もしもこの内容が現実に起こったら、自分ならどうするだろう・・・読んだことのある人なら、必ず考えてしまうと思います。私は電車の中で半泣きになりながら読み終えました(笑)いろんな意味で記憶に残る1冊です。

中古だと300円くらいで売っているので、興味のある方には是非ともオススメの1冊です




テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

Saymer

Author:Saymer
洋楽ロック(80’s~90’s)と、スポーツ(球技全般)をこよなく愛しております。海山で自然との遊戯を好み、時間と資金と心に余裕があればすぐに動き出します。
読書も好きで、政治経済から推理小説、宗教理念やノンフィクション物まで何でも読みます。いい歳してTVゲームも好きで、結局インドアなのかアウトドアなのか自分でもよく分りません。
法律と科学を好み、文系か理系かこれまた自分でもよくわからない嗜好の持ち主です。
免疫力が弱いらしく、すぐにウイルスに負けてしまいます。阪和線で季節を問わず鼻水たらしながら本を読んでいるヒトを見かけたら、それは多分私です。

仕事は大阪の工務店で、不動産事業を行っております。
主に店舗不動産の仲介、売買、コンサルティングですが、収益物件取引、住居・店舗の賃貸や管理なども行っております。

カテゴリ
最新記事
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント